結婚していても風俗へ!既婚者サラリーマンからの体験談を紹介します。

60分コースを風俗嬢と満喫した

嫁が里帰りをしたり女子会などでいなくなったりするときは風俗嬢を家に呼んで楽しんでいるよ。女性たちは羽を伸ばして好きなように楽しんでいるから、たまには自分も若い女性と楽しんでもいいよな。嫁がいなくなったと同時にデリヘル店に電話をかけてすぐに来てくれる女性を呼ぶんだ。そして、風俗嬢が家に来てくれたらすぐにいっしょにバスルームに行き、まずはそこでラブラブ楽しむんだ。バスルームの中って女性を何倍もエロく見せてくれるから簡単に勃起してしまうよな。大体一度目の射精はバスルームでしてしまうけど、そこで何回もしてしまうとダウンしてしまうからすぐにベッドルームに行くんだ。いつもは嫁と一緒に寝ている場所だけど、この時だけは彼女と自分の愛の巣になるのだ。彼女の体をじっくり味わって何度も味と感触を堪能してから、最後は彼女にじっくり愛撫してもらい気持ち良く射精するよ。約束の時間が終わる頃には完全放出してしまっているので、60分ぐらいがちょうどいいんだよね。

風俗嬢に思いっきり甘えてみた

お酒を飲んだ後って利用していいのかちょっぴり不安だったけど、お気に入りの風俗嬢が恋しくなってしまいデリヘル店に電話を掛けたよ。何と言うか、独身の男性が一人で酒を飲んでいるとすごく寂しくなる時があるんだよね。そんな時に、好みのタイプの女性がそばにいてくれたらそれだけでも幸せを感じるし、エッチしたくてたまらない時もあるよ。今回は、彼女にそばにいてもらえるだけでよかったので軽くお話をしながらラブラブした。ベッドに入ってキスをしたり手をつないだり、普通の恋人がするような感じでお話を楽しんだんだ。彼女の胸に顔を埋めて甘えていると、彼女も頭を撫でてくれてすごく嬉しかったよ。残り時間が少なくなると彼女から膝枕をしてくれたので、アソコに顔を埋めながら思いっきり甘えてみた。すると、自然と勃起してしまったみたいで彼女は笑顔で優しく刺激してくれた。時間ぎりぎりで射精してから最後に激しいキスを何度もした。彼女のおかげでリフレッシュできたので明日から頑張れそうだ。
宇都宮 デリヘル

ハイレベルの風俗嬢とエッチした

最近は高級デリヘル店が増えてきたみたいで、それぞれのお店には看板娘と呼ばれるハイレベルな風俗嬢がいるらしい。ハイレベルな女性とはただ容姿が優れているだけでなく、エッチのテクや品の良さなどあらゆる点で素晴らしい女性のことを言うらしい。自分は高級デリヘル店を利用できるくらいお金に余裕がないので、全く縁がない話だと思っていたが一店だけ手が届きそうな店があった。そのため、そのお店に電話をかけて好みの女性を指名してみたよ。自分が高級店で女性を頼めるなんてまるで夢のようだが、あと数時間したら素敵な女性とエッチができる。急いで部屋を片付けて甘い香りがする芳香剤を買ってきた。そして、二人のプレイが盛り上がるようにエッチな妄想をして少しずつ気分を高めていった。家に来た女性はすごく可愛くて品がある。やっぱりハイレベルな女性ってすごい。彼女とのエッチは激しく盛り上がりお互いの敏感な部分を刺激しあって、最後は彼女の顔に射精してしまった。何度も謝ると彼女は笑顔を見せてくれたので、ほっと一安心したよ。

その他の体験談はこちら

性癖開発専門の風俗嬢とエッチした

男性の体って実は性感帯の宝庫らしい。一番感じる部分はペニスと言われているが、性癖を開発していけば乳首やお尻など敏感になる場所があるらしいのだ。せっかく男性に生まれたのならもっと気持ちいいプレイを楽しみたいので、デリヘルに電話をかけて性癖開発専門の風俗嬢を指名してみた。性癖開発は時間をかけてじっくりしていかないといけないらしいので、今回の女性の刺激のやり方が上手かったらリピーターになろうと思う。家に来た女性に希望プレイを伝えると、今回は乳首の開発をすると言われた。一体どうやって乳首を開発するのか気になる。彼女は自分をベッドの上に寝させてペニスを愛撫し始めた。これではただのテコキのように思えるが、フル勃起してからは乳首を刺激し始めた。フル勃起している間に乳首を刺激されるとペニスもピクピク反応してすごく気持ちいい。何度も繰り返し刺激していくと乳首もペニスも気持ち良くて、最後は乳首の刺激だけで射精した。性癖開発って不思議な感覚だよね。

理性を破壊していく風俗嬢の愛液

前回エッチした風俗嬢とのプレイが忘れられなかったので、頑張ってお金をためてきた。そして、給料日が過ぎたのでデリヘルに電話をかけて前回の風俗嬢を指名した。家に来た彼女はすごく喜んでくれて、玄関で何度もキスをしてしまった。部屋に入ってから前回のプレイがすごく気持ち良かったと伝えると、彼女が恥ずかしそうに顔を赤くしていた。彼女ってこんなに可愛らしかったんだな。前回はとにかくエロいと言うイメージが強すぎたので、今回はただエッチできればいいと思っていたんだ。しかし、彼女の新たな一面を見ていると人としても可愛く見えてしまった。もしかしたら、彼女のことを好きになってしまったのかもしれない。でも、余計な感情を持ってしまうと今の関係を壊してしまう危険性があるので、とりあえず普通にエッチをした。彼女の愛撫で何度も感じてから前回同様にシックスナインで彼女のアソコを何度も舐めた。エッチな愛液が理性を破壊していって、そのままの体勢で無意識のうちに射精した。今のままの関係で彼女と気持ち良くなっていきたいな。

まさか応援していた女性が風俗嬢に

とにかくアイドルが好きな僕はバイト代をすべてグッズを買うのに使っていた。しかし、最近になって自分が応援していたアイドルが高級デリヘル店に期間限定で勤務していることが分かったんだ。期間限定の風俗嬢を指名するためにはかなりの金額が必要らしいけど、でも、とにかく彼女が好きだから頑張りたい。かなりの金額を何とかかき集めて、店に電話をかけてスペシャルグレードコースの説明を聞いた。しっかりお金が用意できていることを伝えると、彼女の勤務時間を教えてもらえた。そして、都合のいい時間に予約を入れると、約束の時間より10分早くホテルの部屋に入っていてくれと言われた。そして、約束の日時になると自分の天使ちゃんが部屋に来てくれたんだ。最近、あんまりテレビで見かけていなかったからすごく心配していたけれど、まさかここで働いていたなんて。いろんな思いはあるけれど、今はとにかく彼女とエッチを楽しむことにした。と言うより彼女のテクが凄くて一方的に気持ち良くてもらっただけだけどね。最高に気持ちが良かったよ。